ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

【実践記録簿】ゼロから始める積み立てNISA vol.2「つみたてNISAとは?」

NISAについて前回調べてきましたが

www.spikesite.net

 

今回は【つみたてNISA】について

調べていきます。

f:id:spikepp:20190203094131j:plain



スポンサーリンク

 

 

 

つみたてNISAとは?

f:id:spikepp:20190203074556p:plain

2018年から新たに開始された

NISAよりもリスクを抑えた

小額投資非課税制度

 

日本では、投資から得られた利益に対して、

通常20.315%の税金

(所得税+住民税+復興特別所得税)が

掛かってきますが、これがゼロになります

f:id:spikepp:20190203082144j:plain

NISAと何が違う!?

f:id:spikepp:20190203075051p:plain

スポンサーリンク

 

 

大きく違う点は

  1. 年間投資上限額が40万円
  2. 非課税保有期間が20年間
  3. 非課税枠の総額が800万円

簡単に表にすると こんな感じ

f:id:spikepp:20190202190506j:plain

投資対象も異なる

現状として

長期投資向きの投資信託のみとされています。

 

上場株式や投資信託も含め

幅広く金融商品を購入できるNISAと

比べると選択肢は狭くなる印象。

 

しかし

非課税の期間が20年と長いため

非課税枠の総額はNISAよりも多い

f:id:spikepp:20190203080559j:plain

この表を見てみると

非課税期間が長く、

値動きと上手く付き合うための

  1. 長期
  2. 積立
  3. 分散

投資に向いている制度なので、

初心者で資金が多くない私には

つみたてNISAの方が向いていると感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

購入の頻度は!?

つみたてNISAでは、

定期かつ継続的方法による積立投資のみ認められています。

 

  1. 毎月
  2. 2ヵ月に1回
  3. 年2回のボーナスのみなど

金融機関によって、異なりますので、

事前に確認しましょう。

 

つみたてNISAのデメリット

f:id:spikepp:20190203094323p:plain

NISA・つみたてNISAともに

メリット・デメリットはありますが

 

ココではつみたてNISAについて

よく言われているデメリットを

書いておきます。

元本割れの可能性がある

つみたてNISAでは、

金融庁が選んだした投資信託やETFから

選ぶことになっています。

 

投資信託やETFは、

定期預金や保険などと違い

「元本確保型商品」ではなく

元本が変動する商品であるということ。

 

元本が変動するということは、

運用中に元本割れする可能性がゼロではない。

 

金融庁が厳選しているとはいえ

元本が確保されることや

利益が出ることを保証しているわけではない

のです。

 

投資できる対象が限定されている

f:id:spikepp:20190203090623p:plain

つみたてNISAで投資できる投資信託は

現在販売されている 

およそ6000本の投資信託の中から、

  • インデックス型の投資信託147本
  • アクティブ型の投資信託15本

合計162本に絞られています

(2018年12月の時点で)

 

幅広く商品を選びたい方にとっては

デメリットと思う人もいるでしょう。

 

他にも非課税枠についても

あるのですがNISA、つみたてNISAにも

いえる事なのでココでは書かないでおきます。

 

次は証券口座を選んで

開設してみようとおもいます。