ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

【実践記録簿】ゼロから始める積み立てNISA vol.1「NISAとは?」

積み立てNISA

言葉だけは耳にしたことがある。

若干乗り遅れてる感も感じています。

f:id:spikepp:20190201192300p:plain

しかし改めて

銀行に預けているのなら積み立てNISAの方が良い。

と色んな人に言われるので

自分で調べながら理解しながら

進めていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

NISAとは何か!?

f:id:spikepp:20190203094037p:plain



株に関する制度だということは

理解できているので

実際に運用するために少しだけ

調べてみます。

 

正式名称は

【少額投資非課税制度】といいます。

 

NISAとつみたてNISAというものがあり

細かい条件等が違いますので

誤解のないようにお願い致します。

 

今回は【NISA】について

調べていきたいと思います。

 

噛み砕いていきます

f:id:spikepp:20190203082144j:plain

日本では、投資から得られた利益に対して、

通常20.315%の税金

(所得税+住民税+復興特別所得税)が

掛かってきますが、これがゼロになります

 

NISAの口座では

配当所得や売却益にかかる税金が非課税

この口座で取引した場合は利益、配当金をもらっても税金が掛からない

ということみたいです。

 

金額の上限は?

毎年(1月1日~12月31日)

120万円の範囲内

株式や投資信託等を購入すると、

最長で5年間、その間に受け取る利益に対して税金が掛からない。

 

NISAの非課税投資総額は最大で600万円

 

期間はあるのか!?

NISA口座に新規で投資できるのは

平成26年(2014年)から平成35年(2023年)の10年間です。

 

要約すると

  1. 新規で投資できる期間はH26~H35
  2. 1年間(1~12月)120万円分 非課税枠として与えられる
  3. 総額600万円(年間120万円の枠を使った場合5年)

 

注意点(NISAで購入する場合)

非課税投資枠を超えた金額(120万円以上)での発注は出来ません。

毎年の非課税投資枠は翌年に繰り越せない

NISAの口座原則1人1口座しか作れない

 

ざっくりですが

まとめると こんな感じで買いてあります。

 

NISAと積立NISAで異なる部分

f:id:spikepp:20190202190506j:plain

年間投資上限額、非課税保有期間、非課税枠総額が

NISAとは異なるようです。

 

細かい部分は

VOL.2で【つみたてNISA】について

調べていきます。

株の購入方法

 

f:id:spikepp:20190201192611p:plain

株や投資信託等の買い方は、

  1. まとまった資金で投資・・・一括投資
  2. 毎月コツコツ買っていく・・積立投資

NISAの非課税メリットを最大限活かすには

一括投資のほうが良いといわれています。

 

しかし。

全くの初心者が

まとまった資金で株は・・・怖いので

少しずつコツコツ積み立てていきながら

始めていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

積立投資のメリット

f:id:spikepp:20190201193933p:plain

どんなものにもメリット・デメリットは

あるものだと思っているので

ここでは積立投資のメリットだけを

書き出していきます。

 

  • 少額から投資できる

金融機関によって差はありますが

毎月100円から投資信託を購入することが出来ます。

投資資金の少ない私の場合

小額で無理の無い範囲で投資を始めることができます。

 

  • ドルコスト平均法の効果

毎月定額を積み立てることにより、

株価や基準価額が安い時には多く、

高い時には少なく購入することが出来るので

 

「購入単価が安くなるだけでなく購入口数が多くなる」

その為、高値掴みを避けることができます。

 

他にも調べたら まだまだ有るので

少しずつ追記していきます。

 

関連記事

 

www.spikesite.net

 

 

www.spikesite.net