ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【5分でわかる】仮面高血圧とは?心筋梗塞、脳梗塞の関係

まず高血圧とは?

f:id:spikepp:20161007210959p:plain

高血圧とは、血管の中を血液が通るときに血管にかかる圧力のことをいいます。

高血圧になると自覚症状のないまま血管に悪影響を与えます

結果、動脈硬化を引き起こすと言われています。

動脈硬化が血管がたくさん集まる臓器で進行することによって

脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの命に関わる病気に繋がる事が知られています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

高血圧の何が危険なのか?

通常、高血圧では特徴のある症状は現れないようです。

症状が現れないにも関わらず、時間をかけて少しずつ高血圧の影響が血管に出ます。

 

高血圧の状態が続くことで、

  • 心肥大

心臓は過度に働こうとして心筋を増やして大きくなり心臓の壁が厚くなった状態

  • 脳出血

血管で動脈硬化が起こると、血管がもろくなり、破れやすくなり出血を起こすことがあります。これが脳で起こる事

  • 心筋梗塞、脳梗塞

動脈硬化が進行し、血管の内壁にコレステロールがたまると

1.血管の動脈がふさがれて、

2.その先の組織に壊死を生じた状態になります。

3.血液の流れが滞ります。血液の流れが滞ることでその先にある臓器へ

栄養や酸素が届かず、臓器が壊死してしまいます。

これが心臓で起こると心筋梗塞脳で起こると脳梗塞となります。

 

スポンサーリンク

 

 

血管は全身を巡ってる為、高血圧が続くことは全身へ悪影響がある言われています

 

 「仮面高血圧」とは? 何が危険なのか?

今まで高血圧といえば、医師が測ることによって診断されてきました。

しかし、家庭用血圧計の普及により、

診察の際は正常だったのに家に帰って測ったら高かった”というケースありませんか?

この症状を、“正常血圧の仮面をつけた高血圧”という意味で

「仮面高血圧」と呼ばれています。

f:id:spikepp:20161007211024j:plain

※ 反対の意味で「白衣高血圧」と呼ばれるもののあります。

こちらは家で正常値なのに診察の際、緊張して血圧が上がってしまうケースです

 

 

何が危険なのか?

読んで字のごとく「仮面をかぶっているので放置されてしまう」からです

 

日常的な高血圧により血管に負担がかかり、

腎臓機能の低下や心臓病脳卒中など動脈硬化性疾患の原因が隠れて放置されている

その為、心血管の病気発生の危険度が外来血圧と比べて圧倒的に大きい

 

  「高血圧が引き起こす病気が仮面をつけて放置されてしまう」

 

スポンサーリンク

 

 

高血圧・仮面高血圧の予防方法は? 

 

 

高血圧を予防

  1. 塩分控えめの食生活
  2. 充分な睡眠
  3. 肥満や運動不足を解消
  4. 充分に水分を取る
  5. 便秘の場合、解消する

など、今一度自分の生活を見直すことをオススメします。

 

仮面高血圧を発見

 

毎朝、毎晩 血圧をチェックする

まずご自身の血圧の状況を把握することが大切と言われています

自宅用の血圧計で朝、晩の血圧を測定し、記録する。

1週間の朝の血圧の平均値で、高血圧を検出できる機能がついた血圧計もあるようですね。

 

スポンサーリンク

 

 

最近は「高血圧スパイク」や「仮面高血圧」など

血圧に関するニュース、話題が増えているので 

これを機に食生活など見直したいと思います。