ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【5分でわかる】乳児は注意! ボツリヌス中毒症とは? 原因や症状

スポンサーリンク

 

ボツリヌス中毒症とは

ボツリヌスの語源は

ラテン語のbotulus(腸詰め)であり、

19世紀ヨーロッパでソーセージやハムを

食べた事による食中毒からこの名がついた。

 

食品でボツリヌス菌が増えた時に産生された

ボツリヌス毒素

食品と一緒に摂取したことにより発生する

 

  1. ボツリヌス食中毒
  2. 乳児に発生する乳児ボツリヌス症等がある

ボツリヌス食中毒(食品媒介性ボツリヌス中毒)

主な原因

f:id:spikepp:20170615190356j:plain

画像出典:ボツリヌス菌 - Wikipedia

 

ボツリヌス菌というバクテリアが作り出す毒素

この菌は

通常、酸素のない状態になっている食品が原因となりやすく、

ビン詰、 缶詰、容器包装詰め食品などを

原因として食中毒が発生しています。

 

主な症状

f:id:spikepp:20170615191716p:plain

摂取してしまうと8時間~36時間で、

  1. 吐き気、おう吐
  2. 視力障害、言語障害、
  3. 物を飲み込みづらくなる「えん下困難」 

などの神経症状が現れるのが特徴で、

重症例では呼吸麻痺により命に関わる。

 

主な治療法

ボツリヌス食中毒と創傷ボツリヌス中毒の場合は診断直後に抗毒素が処方されます

 

スポンサーリンク

 

乳児ボツリヌス症

f:id:spikepp:20170615201717p:plain

1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症。

主な原因

乳児では、ボツリヌス菌の芽胞を摂取すると

腸管内で菌が増殖し、

産生された毒素が吸収されてボツリヌス菌に

よる症状を起こすことがあります

 

主な原因として以前は蜂蜜がありました。

1987年に厚生省が

「1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないよう」

通知を出して以降、

蜂蜜を原因とする事例は減少したようです。

 

主な症状
  • 便秘状態が数日間続く
  • 全身の筋力が低下する脱力状態になる
  • 哺乳力の低下
  • 泣き声が小さくなる
  • 筋肉が弛緩することによる麻痺症状

 

スポンサーリンク

 

ボツリヌス症の予防方法

ボツリヌス食中毒の予防には、

菌の増殖を抑えることが重要です。

f:id:spikepp:20170615202743p:plain

  1. はちみつやコーンシロップは一歳未満の乳児には与えない
  2. 家庭で缶詰めをする場合は食べ物が一定の温度や酸性度を超えていることを確認
  3. 市販の缶詰で開封されているものや膨らんでいるものは食べないで処分する
  4. にんにくやハーブが含まれているオイルなどは冷蔵庫で保管

f:id:spikepp:20170615202459p:plain

アルミホイルに包まれた調理されたジャガイモ状態は

ボツリヌス菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

温度が高いまま保存するか、すぐに冷蔵庫に入れてください。

 

スポンサーリンク

 

 

二次感染は?

ボツリヌス中毒症は

人から人へは感染しないようです。

 

ボツリヌス中毒症が発症するためには

胞子や毒素は

  1. 食べることにより口から入る
  2. 傷口から入る

この二つが起因となっています。

 

まとめ

ボツリヌス中毒症の約15%は

不適切に保管された食品が主な原因となっているようです。

 

予防方法でも書きましたが

  1. 1歳未満に「はちみつ」を食べさせない。
  2. 不適切な加工の缶詰

この二つに十分な注意が必要ですね。

 

我が家でも気をつけたいと思います。

 

関連記事

www.spikesite.net

 

www.spikesite.net

 

www.spikesite.net