ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【一覧】「学校感染症 出席停止期間」いつから通える? 

 

 

「学校感染症」になってしまった場合

f:id:spikepp:20170511180135p:plain

  • どの病気がそうなのか?
  • いつから通学(登園)出来るのか?

 

うちの子達は保育園で毎年いろんな病気を

感染されてきます。

 

毎日、長時間にわたり集団生活しているので

飛沫感染、接触感染により

感染症にかかりやすい環境のようですね

 

スポンサーリンク

 

出席停止とは?

f:id:spikepp:20170510142824p:plain

身近なものとして、
  • 「インフルエンザ」
  • 「おたふくかぜ」のような感染症が対象になります。
 
医師がその必要があると診断した場合は、
出席停止の措置が取られます
 
医師の登校許可が出るまでは
登校できませんが、
通常の欠席とは区別されます

証明用紙、医師に記入してもらい、
学校等に提出が必要なようです。

 

ノロウィルス は感染力や症状が強いのに

出席停止期間が定められていません

 

手続きの方法

f:id:spikepp:20170618204632p:plain

①. 医師の診察

出席停止の診断・指示を受けたら

すぐに学校へ欠席の連絡

 

  1. 診断を受けた病名と
  2. 出席停止の指示を受けたこと

上記の2点を学校に伝えます。

 

②. 学校から「傷病証明書」用紙をもらう。

学校から所定の

  1. 「傷病証明書」
  2. 「傷病証明依頼書」

上記の書類を学校から受け取ります。

 

③. ②の書類を病院に提出

学校でもらった

傷病証明書・傷病証明依頼書を病院に提出して

記入してもらいます。

 

④. 学校に③の書類を提出

医師に出席停止の診断を受けた期間

(指示を受けた日~登校許可日の日数)は、

 

通常の欠席とは区別され、

出席停止として学級閉鎖や忌引と

同じように記録される

 

出席停止の分類(一覧)

 出席停止は学校保健法施行規則によって、

伝染病を3種に分けて規定しています

 

第1種:「感染症予防法」1類・2類

病名:コレラ・赤痢・腸チフス

登校停止期間:治癒するまで

 

スポンサーリンク

 

第2種:飛沫感染する伝染病

飛沫感染するもので、児童(生徒)の罹ることが多く、

学校における流行を広げる可能性が高いものです

 

下線の引いてある病名をクリックすると

その記事に飛びます

病名:インフルエンザ

f:id:spikepp:20170705174115p:plain

  • 出席停止期間

発症した後五日を経過し、

解熱した後二日を経過するまで

 

病名: 百日咳

f:id:spikepp:20170616200555p:plain

  • 出席停止期間

特有な咳が消失するまで

 

病名:麻疹(はしか)

f:id:spikepp:20170615201717p:plain

  • 出席停止期間

解熱した後3日を経過するまで

 

病名:流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

f:id:spikepp:20161113063302p:plain

  • 出席停止期間

耳下腺腫脹が消失するまで

風疹紅斑性の発疹が消失するまで

 

病名:水疱瘡 (みずぼうそう)

f:id:spikepp:20161117194201p:plain

  • 出席停止期間

すべての発疹が皮化するまで

 

病名 咽頭結膜熱(プール熱)

f:id:spikepp:20170618203333p:plain

  • 出席停止期間

主要症状が消退した後2日を経過するまで

ただし医師が伝染のおそれがないと

認めた時はこの限りではない

 

病名: 結核

出席停止期間

医師により伝染のおそれがないと

認められるまで

 

 第3種:学校教育活動を通じて流行を広げる可能性がある伝染病

(医師の判断や条件により異なる)

病名:マイコプラズマ感染症

f:id:spikepp:20170510151931p:plain

出席停止期間

症状が改善医師により伝染のおそれがない

と認められるまで

 

病名急性出血性結膜炎

出席停止期間

症状が改善医師により伝染のおそれがないと

認められるまで

 

病名:腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)

f:id:spikepp:20170514195114p:plain

出席停止期間

症状が改善医師により伝染のおそれがないと

認められるまで

(無症状性病原体保有者は登校停止不要)

 

病名流行性角結膜炎

出席停止期間

症状が改善し医師により伝染のおそれがないと

認められるまで

 

条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる感染症

  1. 溶連菌感染症
  2. マイコプラズマ感染症
  3. ウイルス性肝炎
  4. 手足口病
  5. 伝染性紅斑(リンゴ病)
  6. ヘルパンギーナ
  7. 感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)

通常出席停止の措置は必要ないと考えられる感染症

  1. アタマジラミ
  2. 水いぼ(伝染性軟属腫)
  3. 伝染性膿痂疹(とびひ)

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

出席(登園)停止の病期にかかってしまったら

「人に感染してしまうから」だけでなく

我が子の身体のためにも十分休ませる

 

子供が伝染病にかかったら 

その兄弟は感染している可能性が高いです

両親や同居家族も様子を見て

医師の診察を受けましょう

 

 我が家がそうなのですが

「共働き」の場合ですと

「仕事が休めない」、

「元気だから大丈夫かな?」と

治っていないのに

預けようかなと考えてしまいますが 

我が子のため、感染を広げないためにも

休んであげています

f:id:spikepp:20170510142854p:plain