ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【5分でわかる】アナフィラキシーショックとは? ヒアリに咬まれた時の対処法は?

最近テレビやネットで騒がれている

  • 【ヒアリ】
  • 【アナフィラキシーショック】

港湾系の仕事をしているわけでは無いが

「コンテナ」や「海沿い」に関わっているので

情報を集めました。

 

スポンサーリンク

 

 

アナフィラキシーショックとは

f:id:spikepp:20170713182240p:plain

急性の全身性かつ

重度なI型アレルギー反応の一つ

f:id:spikepp:20170714080106p:plain

スズメバチなどの蜂の毒液による

アレルギー反応が有名ですね。

 

日本では、蜂刺されによる

アナフィラキシーショックで

年間20人ほどが命を奪われています。

 

※主なI型アレルギー

f:id:spikepp:20170705174346p:plain

  • じんましん
  • 花粉症
  • 気管支喘息
  • 食物アレルギー
  • アレルギー性鼻炎
  • PIE症候群(好酸球性肺炎)

 

具体手的には

「皮膚の症状」

「呼吸器の症状」

「粘膜の症状」

「消化器の症状

「循環器の症状」

これらの症状が複数の臓器に全身性

急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴。

 

なぜアナフィラキシーショックが起きるのか

順序立てて追っていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

① アレルギー反応

f:id:spikepp:20170713182522p:plain

原因物質に対する過剰な免疫反応の事です。

特定のアレルギー抗原に対して

免疫反応が過剰に起こることをいう

 

② そのアレルギー反応によって

皮膚や呼吸器、消化器など複数の臓器に

急速に全身性の症状が出る状態

 

③ そのアナフィラキシーの症状のうち、
  • 血圧低下
  • ショック状態
  • 意識障害など生命の危機的な状態

などの状況をアナフィラキシーショック

といいます。

 

アナフィラキシーの主な原因

もっとも多いのは食物のようです。

f:id:spikepp:20170713185502j:plain

全体では鶏卵、牛乳、小麦が多く、

年齢別には、そば、ピーナッツ、果物、

えびやかになどの甲殻類

  • 他には蜂毒や薬物、ラテックス
  • 輸血
  • クラゲに刺される
  • ダニやハムスター等に咬まれた

様々な食物にアレルゲンよって

アナフィラキシーが引き起こされます。

 

アナフィラキシーショックの症状

 

  • 多尿
  • 呼吸困難(呼吸促迫)
  • 低血圧
  • 脳炎
  • 失神
  • 意識不明
  • 蕁麻疹
  • 紅潮
  • 血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹)生命の危機を呈する事がある
  • 流涙(血管性浮腫やストレスによる)
  • 嘔吐
  • 掻痒
  • 下痢
  • 腹痛
  • 不安

出典:アナフィラキシー - Wikipedia

 

スポンサーリンク

 

アナフィラキシーの特徴

アレルゲンや体の状態によって

個人差はあるようですが

 

症状が出るまでの時間は、

短時間で症状があらわれること

 

f:id:spikepp:20170713182240p:plain

症状が出るまで

アナフィラキシーが原因で心停止に至った例の、心停止までの平均時間は、

薬物で5分、

蜂毒が15分、

食物は胃や腸で消化され吸収されるまでに

時間が掛かるので30分といわれます

(アナフィラキシーがすべて心停止に至るわけではありません)。

 

アナフィラキシーが起こってしまったら

f:id:spikepp:20170709123004p:plain

アナフィラキシーの治療法は症状によって異なるようです。

  • 軽い皮膚や粘膜症状の場合・・抗ヒスタミン薬
  • 呼吸器症状・・気管支拡張薬
  • 症状が重くなってくると・・経口副腎皮質ステロイド薬など。

 

ショック症状(意識障害、失禁など)

  1. ノドに強い症状(のどが締め付けられる感じ、声がれ、声が出ないなど)、
  2. 呼吸器系に強い症状(強い喘鳴、呼吸困難など)

上記の症状があらわれた場合は、

速やかにアドレナリン自己注射薬

(アナフィラキシー補助治療剤)を用います

 

※ この薬の処方には専門の医師の診断が必要です。

健康保険による一部負担で処方を受けることが出来ます。

 

ヒアリとアナフィラキシーショック

f:id:spikepp:20170714194310p:plain

ヒアリに刺された場合、アナフィラキシー症状を引き起こす可能性があるようです。

 

強い毒を持つため、絶対に生きた個体を素手で触らない。

 

ヒアリは極めて攻撃性が高く

刺された場合にはアルカロイド毒により、

  1. 熱感を伴う激しい痛み
  2. 水疱状の腫れ
  3. 膿が出る

毒に含まれる成分に対してアレルギー反応を起こすケースもあるようです。

 

ヒアリの特徴

f:id:spikepp:20170714203046j:plain

環境省_ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について

  1. 赤っぽくツヤツヤしている
  2. 腹部の色は暗め
  3. 働きアリの大きさが 2.5mm-6.5mm と連続的な変異がある
  4.  行列を作り餌に集まる

 

ヒアリに咬まれた場合

f:id:spikepp:20170526223545p:plain

基本的には医療機関を受診が一番

慌てて全身の血流が増加(4激しい運動)すると、

アレルギー症状が酷くなるケースがあるので

  • 刺されたあと20~30分は安静にする
  • 容態が急変したらすぐに病院へ

 

ヒアリの姿や

巣の状態など ちゃんと子供達に教えて

万が一 見つけても

  1. 近づかない
  2. 攻撃しない

この二つだけは しっかり守らせないと

いけませんね。

 

色々な情報が飛び交っているので

環境庁など信頼できる情報元で正しい対処を! 

環境省_ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について

 合わせて読みたい

 

www.spikesite.net

 

 

www.spikesite.net

 

 

www.spikesite.net

 

 

www.spikesite.net