ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【5分でわかる】異常震域(深発地震)とは?

 スポンサーリンク

 

 

2017年1月3日(火)

震源地は三重県南東沖で、

震源の深さは約380km

 

地震の規模(マグニチュード)は

4.8の地震があったと発表されていました。

 

下の画像の通り 

震源地は三重県南沖なのに

揺れを観測したのは関東から北

震源の深さも約380kmと深い。

f:id:spikepp:20170103112337p:plain

出典:気象庁|地震情報

f:id:spikepp:20170103120253p:plain

 

この現象を異常震域の影響と

言われているようなのですが

小さい子供が居て、共働きなので地震・天災には敏感になっているので

調べてみました。

 

異常震域とは?

震源が非常に深い場合

震源の真上では ほとんど揺れないのに

震源から遠くはなれた太平洋側の場所で

揺れを感じる現象のことを、

 

「異常震域」と呼ぶようです

 

1920年代には異常震域と表現されていて

地中に地震が伝わる特別な抜け道があると

考えられ、地震みち(じしんみち)とも

呼ばれていたそうです

出典:異常震域 - Wikipedia

 

 スポンサーリンク

 

原因は?

地球内部の岩盤の性質の違いによるものと言われています。

f:id:spikepp:20170103111544p:plain

出典:気象庁 | 地震について

 

異常震域が現れる原因は、

  1. 軟弱な地盤と地震波の反射、回析など、その周辺地域の地盤の状態が異なるため
  2. 構造線やプレート境界、マントルをまたぐなど上部マントルの地震波速度構造の違いで、減衰度合いが経路上の構造によって異なるため

 

 ↓ よく耳する(体験する)地震

震源の深さが70キロより浅い地震では、地震における地面の揺れ動きは

震央の付近で最も強く、

震央から離れるにつれて弱くなり、遠い地点では人体に感じられない。

 

 ↓ 今回のような震源と揺れが離れているケース

震源が200km以深で発生する深発地震では、震央の付近では揺れを感じない

数百kmも離れた地域で震度3~4などの揺れを観測することを

異常震域と呼ぶそうです

 

 スポンサーリンク

 

30年以内に、かなりの高確率で首都圏大地震が起こります

f:id:spikepp:20170103123453j:plain

この言葉をよく耳にしますが 

色んな学者さんや専門家が同じことを

言っているので信憑性としては高いのですかね

 

起こりうるものとして

相模トラフからフィリピン海プレートが

沈み込むことによって大地震が起き、

地震の規模はマグニチュード7程度

想定されています

 

30年以内に関東のどこかで発生する確率が

高いという意味らしいのですが

東日本大震災や熊本地震

教訓とするだけでなく、

仕事中、学校にいるときなどに発生した場合、帰宅が困難になった時のケースや

万が一の時の対応を、

家族や職場でも考えておいた方が良さそうですね

www.spikesite.net