ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

【5分でわかる】夏に流行している 子供の病気と対策

スポンサーリンク

 

梅雨が明けてから暑さが本格化する日本の夏には、高温多湿の環境になります。

ウイルスや細菌がそうした環境を好む為

夏特有の感染症が流行する可能性が高まります。

f:id:spikepp:20170621094735p:plain

6月~8月にかけて流行する病気

1. ヘルパンギーナ・手足口病

f:id:spikepp:20170409071302p:plain

子供の夏風邪の一つとして罹りやすい

症状がよく似ている

ヘルパンギーナの特徴

  • ウィルス性の感染症
  • コクサッキーウイルスが原因
  • エコーウィルスが関係している場合も有る

主な症状

f:id:spikepp:20170616200517p:plain

  1. 突然、38~40度の高熱が出る
  2. 口内炎や水疱ができる
  3. 喉や口蓋垂(のどちんこ)に炎症が起こる

 

手足口病の特徴

www.spikesite.net

 

症状
  •  38度程度の発熱(熱がないこともある)
  •  口の中に水泡ができる。
  • その後、手や足、全身に広がっていく

 

スポンサーリンク

 

 

2. アデノウィルス(プール熱)

www.spikesite.net

 

プール熱は高熱が数日間続く、

子どもにとってつらい病気です

 

プール以外でも感染します!

 f:id:spikepp:20170226063727p:plain

特徴的な症状が、結膜炎です

39~40℃の高熱が出て、5日前後続きます。

 

スポンサーリンク

 

 

3. とびひ(伝染性膿痂疹)

あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、

転ぶなどして出来た傷二次感染を起して

とびひになります。

www.spikesite.net

 

4. O-157など食中毒

食中毒は季節を問わず一年中発生しますが

食べ物が傷みやすい夏は特に注意が必要です。

www.spikesite.net

 

 

熱中症

気をつけなくちゃいけないのは

感染症だけではありません

 

元気に外で遊んでいても 

熱中症になってしまっては元も子もないので 

しっかり対策・準備しましょう。

www.spikesite.net

 

 

健康管理も忘れずに

f:id:spikepp:20170621104055p:plain

流行しやすい病気でも、

ときには深刻な症状(合併症など)を

引き起こす可能性があります。

 

日頃から衛生管理など感染症予防に気を付けて

睡眠・食事など規則正しい生活を心がけて、

感染症に負けない

健康な体を作っておくことも大切ですね。

 

 関連記事(10月~流行している病気)

 マイコプラズマ肺炎(10月~1月頃)

www.spikesite.net

 

 RSウィルス(10月~2月頃)

www.spikesite.net