ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

初心者でも簡単に出来る! ジャズベース組み立てキット ボディの塗装(油性ニス)編

無垢の木材からベースを組み立てたい。

そんな願いを簡単に叶えてくれる商品があったので

さっそく取り掛かりたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ベース組み立てキット

今回 私が使用したのはHOSCO社製の 

【手作りギターキット】

エレキベースキット ER-KIT-JB ジャズベースです。

 

 

組み立ての順番や工程などは

説明書と異なる場合があります。

 

自分用に作ったものを

記録として残している物ですので

あくまで 参考程度にお読みください

 

1. まずはボディの下地処理

f:id:spikepp:20180215130927p:plain

サンドペーパー(120~400番あたり)を

順番に凹凸やザラザラした部分から

全体にヤスリ掛けします

 

範囲の広いところは、

あて木など使うとキレイに掛けられるので良いと思います。

 

※下地処理は とにかく大事なので念入りにやることをオススメします。

 

次は新品のボディでも物によっては

クラックや小さな傷があったりするものなので

との粉を使って埋めていきます

 

 

※使用方法はメーカーなどによって

適切な用法、用量があると思うので

作り方は説明書などを参照ください

 

 ・出来上がった との粉を適当に塗ってヘラの様な物で平らにのばしていきます。

 

 ・半乾きぐらいになってきたら雑巾で拭き取ります。

 

 ・ここで一度しっかり乾燥させます。(私は一晩置きました)

 

 ・完全に乾いたら また始めと同じ様にヤスリがけしていきます。

 

いよいよ塗装に入ります!

私は賃貸マンションで子供も居るので

作業場所はベランダになりました。

 

風の無い晴れた日

・ 壊れたテーブルが放置してあるので

針金ハンガーをバラしてネックを固定する穴に通して吊るしました。

 

・ 今回使った油性ニスは マホガニーのスプレーです(1本で足りました)

 

 

①下地処理

プライマーのつもりで全体的に薄くスプレーしていきます。

 

②本塗り

1時間くらい置いてベタつきが無ければ

しっかりスプレーします。

一度に厚く塗ると液ダレしてくるので注意してください。

 

③2~3時間放置

乾いたのを確認していると少しザラザラしてきたので

一度目の細かい物でヤスリ掛けしました。

 

私が目指す色になるまで3度塗りしました。

 

一晩乾燥させる

日の当たらない風通しの良い場所で

乾燥に丸一日置いて完成。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今回は無垢の木で油性ニスでしたが 

中古のボディを塗装する場合は

アイロンを使って一度全部塗装を剥がして下地処理から行う方法。

 

塗装の強度は弱くなりますが 元の塗装の上から

  1. キレイにする
  2. プライマー塗布
  3. お好みのカラーでラッカー塗装
  4. トップコートなども実験しました。

 

仕上がりをイメージする為に色々取り付けてみました

f:id:spikepp:20160811103051j:plain

 

ここまで来れば、あと少しで完成です。

次はピックアップの取り付けです。

 

www.spikesite.net