ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

小池都知事 待機児童対策で補正予算126億円増!

東京都待機児童問題とは?

 

スポンサーリンク

 

f:id:spikepp:20160911174841j:plain

 

 

平成28年4月1日現在の東京都の現状

  • 保育サービスの利用者 261,705人
  • 待機児童者数     8,466人

 

 

待機児童が多い区

  1. 世田谷区 1,124人
  2. 江戸川区 397人
  3. 板橋区  376人

上記のとおり「世田谷区」が群を抜いて待機児童が多いみたいです。

 

幸い我が家では姉も弟も同じ保育園に入ることが出来て

姉も来年3月には無事卒園します。

 

スポンサーリンク

 

 

入園までは「無事に入れるだろうか」、「弟も同じ保育園に入れるだろうか」と

不安だったのを覚えています。

 

2016年に大きな話題を呼んだ

「保育園落ちた日本〇ね」という言葉は衝撃的でしたね

 

東京都の一保育園事情で 一つ矛盾を感じたのが

「保育園に入るためには仕事をしていなければならない」という事。

そもそも保育園に預けていないと仕事なんか行けないよ!

こう思っているのは私だけではないはず。

 

小池都知事は何をしようとしているのか?

現在 東京都では

平成26年度から4年間で認可保育所、都独自の認証保育、小規模保育など

比較的基準の緩い認可外施設も含めた「多様な保育サービス」で

約4万人の保育定員を増やす取り組みを実施している

 

【小池都知事始動】待機児童対策で4000人の保育定員を拡充へ 都議会に補正予算案提出の方針(1/2ページ) - 産経ニュース

 

なぜ待機児童が こんなに増えてしまったのか

専門家の話では 

  1. 都心部での高層マンションの建設
  2. 再開発地区での人口増加
  3. 共働きが増えてきたのが要因と話しています

 

上記で書いた通り東京都では深刻な問題となっており

今年7月の都知事選で「待機児童解消」を公約として掲げていたのが小池都知事。

 

就任後 早急に対応を指示。

担当部局で都内の各市区町村の保育ニーズを分析した結果、

今年度中に少なくとも約4千人分の受け皿が必要と判断した。とされています。

 

その内容が

保育所の整備費の補助拡充保育士の確保定着支援など、

11事業を盛り込んだ緊急対策を発表した。緊急対策に関連し、

126億円の補正予算案を都議会定例会に提出する。という事。

 

スポンサーリンク

 

 

一例として

  • 空き家保育所として活用する。
  • 活用するため 不動産業と協議会を設置すること
  • 空き家を保育所として活用する場合賃料の大幅に補助
  • 認証保育所の利用者へ利用料の一部を補助

 

その為の補正予算案は126億円にも上るという。

 

空き家を保育園としてと言っても 破損や汚れの問題などはあるようですが

小池都知事の今後に私は期待したいと思っています。

 

 

応援よろしくお願いします


にほんブログ村