ENJOY LIFE

ブログ運営と話題のニュース イクメンブログ

ENJOY LIFE

ブログ運営と育児

初心者でも簡単に出来る! ジャズベース(ギター)ヘッドの加工方法

ジャズベース ヘッドを加工する

www.spikesite.net

 

上記の記事ではボディに塗装をしたので

今回はヘッドの加工に入ります。

   

ヘッドの加工は無加工の状態です。

無垢の木材でカクカクになっています。

 

フレットは打ってあるので そこは救いだったと思います。

 

これが 加工前の画像です

f:id:spikepp:20160810175223j:plain

 

まずヘッドのデザインを決めます。

ギターやベースのヘッドは様々な形があります。

デザイン性の高いシグネイチャーモデルなどもあります。

 

色々考えた結果 

私はFENDERやBACCHUSの様なデザインに決めました。

 

型を取る

インターネットで型紙をダウンロードする方法もあります

「ジャズベース ヘッド 型紙」など

検索を掛けると色々出てくるので

自分の好みに合ったものを選びましょう。

 

私は所有していたBACCHUSのJB-TYPEから

型を取ることにしました。

 

ちょっと手間なのですが 

下に加工前のベース 上に型になるベースを重ねて

鉛筆で線を引きます

(後々消さなきゃいけないので薄く書く)

 

電動工具や専門工具や 

ほとんど使わず家によくありそうな物しか使ってないので

専門的な工具を駆使した方が簡単に出来るので

そこも紹介はしていきますが、ご了承ください。

 

線に沿ってカット

まずは糸鋸で線の少し外側に合わせて

大幅にカットします。

 

ハンディの糸鋸があると楽にキレイに出来ます。

何かと使えるので1台あると便利です。

 

形を整えていきます

線に沿ってカットしたら 

次は金やすりで線ギリギリまで

ヤスリ掛けします。

 

仕上げ

f:id:spikepp:20180215130927p:plain

紙やすりで整えていきます。

あて木などを使うコトをオススメします。

 

ロゴのデカールなど貼りたい場合は

この時点で貼っておきます。

 

仕上げ塗装

  1. 油性トップコートを下地として薄く1回
  2. 乾燥時間に一時間くらい置く

ザラつきが出た場合は

目の細かいサンドペーパーでヤスリ掛けして

液ダレしないよう気をつけて塗布して

一晩日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させます。

 

 このトップコートは何かと使えるので重宝しますよ

       

FENDERロゴのデカールも考えたのですが

コピー商品と思われても悲しいので 

私はアパレルブランドのカッティングシートを貼りました(笑)

 

ネックの塗装

今回私はネックの裏部分は塗装を掛けなかったのですが

もし塗装する場合は

指板など塗装しないところはマスキングテープなどで 

しっかり養生して塗装してください。

 

・ 完全に乾燥したら指板に「指板オイル」塗ります。

 (レモンオイルという名称で打っていることが多いです)

 

 

ナットも加工された物が付属していたので

木工用ボンドなどで取り付けて 

ペグなど取り付けで完成です。

 

f:id:spikepp:20160810181556j:plain

 

どうですか?

画像はデカールを貼っていないものですが

あのカクカクからココまで仕上がりました。

 

次はピックアップの取り付けです。

www.spikesite.net

 


にほんブログ村